gf1420321563

美容室と理容室、良く似ています。理容室は散髪屋さんです。子供や男性が調髪するのに利用します。
女性はパーマをかけたりカットをしたりする為に美容室を利用します。

最近は男性も美容室を利用する

以前は美容室と理容室の棲み分けがはっきりしていました。しかし、最近は若い男性でも美容室を利用する様になりました。
年齢がほぼ50歳以上の男性では美容室で調髪をする事にはかなりの抵抗があります。

それに反して30代ぐらいの人では美容室の利用にさほどの抵抗はありません。
美容師は女性の職業の様に思われていましたが30年ほど前から男性の進出が多くなっています。

これは若い男性が美容師になり今までの枠を超えた
感性で女性の髪を調髪するという行為が社会に受け入れられたことによります。

テレビではカリスマ美容師と呼ばれる男性美容師が紹介されています。
学生のなりたい職業でも美容師は希望者が多く人気があります。

美容室も以前は一人の美容師が店を切り盛りしているケースが多かったのですが
従業員を雇用して店を運営する美容室も増えてきました。

その様にして街には美容室が増えてきたのです。

http://www.hairmodekikuchi-recruit.com/オススメの理容師求人サイト

理容室が続くには

一方、理容室は年配の男性が客層の中心であることは変わりがありませんから次第に減ってきています。
美容室は技術の研修と絶えざる革新を行う店が生き残り繁栄していきます。