旅の途中では病気や怪我をしない様に気をつけたいものです。しかし運悪く病気になったり、怪我をしたりという事もあります。
外国で病院を探して受診したり、薬局へ薬を買いに行ったりするのはとても大変です。また外国で手に入れた薬が日本人の身体に適しているかもわかりません。ですから『備えあれば憂い無し』と日本で普段使っている薬を持っていく様にしましょう。ただし今迄に使用した事のない薬は、副作用やアレルギーの危険性があるので避けた方が良いと思います。
まず乗り物酔いをする人はフライト用以外にも、現地でのバス等の移動の際に酔う事があるので、その分も考慮して必要な分を持って行きましょう。
旅行の疲れや緊張で頭痛等が起きる事がありますので、痛み止めや解熱剤はリストにしっかり入れておきましょう。
また慣れない土地に行った時には、便秘や下痢、胃痛に悩まされる事が多々あります。特に東南アジアやアフリカなどの気温が高い方面へ行く人は、お腹をこわす確率が多いので整腸剤や胃腸薬、下痢止めは必需品です。またこれらの地域では蚊や虫にさされる事も多いので、虫除け、虫さされ用の薬も併せてもって行くと良いでしょう。
逆に寒い時期や気温が低い所へ旅行する時には風邪をひく可能性が高くなりますので、風邪薬を持っていきましょう。
また余り衛生的ではない場所へ行く予定の人は、怪我をした時に使う消毒剤を忘れない様にしましょう。ちょっとした傷から細菌が入って化膿してしまう事もあります。
そして薬の保管についてですが、手荷物と預ける荷物に分けておくのが安全です。特に高血圧などで普段から薬が手放せない人は、荷物が紛失、盗難にあった時の事を考えて、余分に薬を持って行きましょう。