パソコン、カメラや携帯の充電器、ドライヤー等の電気製品を海外で使おうと思ったら、変圧器やプラグが必要なになります。と言うのも国によって電圧やプラグの型が違っているからです。ですから旅行の行き先が決まったら、その地域で使用されている電圧やプラグについての情報を集める事が大切です。
例えば日本では電圧が100Vですが、外国では200から240Vのところが多くあります。その様な地域で変圧器を使わずに100V対応の日本の電気器機を使用すると、電気器機が破損してしまいます。ですからこの様な事を避ける為に変圧器が必要になります。
しかし最近では100Vから240Vまで対応する様に作られている電気器機が増えて、変圧器無しで使用できる物が多くなりました。ただしこの場合でもプラグの型は違うので、現地の型にあったプラブを用意する必要があります。
またドライヤーは消費電力が大きいので、大きな変圧器を必要とします。はっきり言ってこれは旅行に持っていくには重すぎて不便ですので、どうしてもドライヤーを持参したい時には、海外仕様の物を買って持って行く事をお勧めします。
また海外の型のプラグは100円くらいから購入できますが、変圧器になると高額になるので、思い切って100V対応の古い電気器機を、240Vまで対応できる新機種に買い替えるのもひとつの手です。
そして外国からのお客さんが多いホテルでは、プラブや変圧器を貸し出してくれる所もあるので、もし可能ならば事前にその旨を問い合わせてみると良いでしょう。
海外旅行ではなるべく余計な荷物は持って行きたくはありませんが、カメラや携帯、スマートフォーン、PC等の充電はやはり必要です。これらの電気製品を持っていったのに現地で使えなかったという事がない様に、しっかりと下準備をして行きましょう。