海外旅行に絶対必要な貴重品といえばやはりパスポート、飛行機のチケット、現金、カード、もしくはトラベラーズチェックになります。
またホテルのバウチャーや予約確認証も無くしてしまっては現地で困りますので貴重品と同じ様に扱いましょう。
まずパスポートですが、必ずコピーをとってオリジナルとコピーは別の所に保管しておきましょう。普段持ち歩くカバンにはオリジナルのパスポートを、そしてホテルにはコピーという様に分けておくと、どちらかの荷物が紛失した際にも色々な手続きが比較的スムーズになります。
中級以上のホテルにはセーフティーボックスが用意されている事があるので、カメラ、PC等の貴重品は不要な時niはこの中に入れて置く事もできます。もしセーフティーポックスがない場合には、鍵のかかるスーツケースに入れて余り目のつかない所において置く様にしましょう。(どこまで信用できるかはその地域によって違いますが。)ただし、パスポートやカード、現金等は必ず肌身離さず持ち歩く様にしましょう。
またトラベラーズチェックは紛失、盗難した時には再発行してもらえるので、基本的には肌身離さず持つ必要はありません。しかし再発行にはトラベラーズチェックの購入控えと番号が必要ですので、これはトラベラーズチェックとは別に保管しなくてはなりません。

 

さて貴重品を持ち歩く時の注意ですが、スリやひったくりにあわない様に、上着の内ポケット(ファスナーやボタン付きが良い)やカバンの底の方、もしくはファスナー付きの内ポケットなどに入れましょう。そして貴重品が入ったカバンは常に自分の前側に持つ様にして下さい。

また、盗難に合うのが心配な人には、首から掛けるタイプやお腹に巻くタイプの貴重品入れがお勧めです。